« バディの準備編 その3 完結編? | トップページ | 第3回舞浜プロジェクト »

2011/08/14

ハイランドレイクの釣り 2011/8/13

matiokadesuです。
夏本番。日々の日差しが痛い。 猛暑です。(@Д@;
kayak55様。ブログをLINK頂き ありがとうございます。
経由でご覧頂いている皆様、 同じくお礼申し上げます。

今回は黒鱒釣行について。
画と数はあいかわらず少ないです。(◎´∀`)ノ

世はお盆休み。 節電のせい?今週で休みを終える方も居るようです。
概ね分散傾向のようで。

涼しくなる9月に3連休をうまく使い長期休みを取ることにしました。
よって8月一杯は通常の週末休みで乗り切ります。

遠征ができない為、 長野でキャンプ&渓流の2日間を過ごそうと
画策しておりましたが 、どこも混んでおり狙いのキャンプグラウンドも
静かに過ごす事は難しいとのこと。

困っておりました。

そんな折りすでに夏休み中のホエールさんのご好意で
同行 させてもらえることとなりました。

(ここはOPENでいいと思いますので)
メジャーレイク芦ノ湖

なんとこの日の模様はkayak55.comのUstreamで放送されました

Kayakk55stream

思い起こせば今年の2月。
「特別解禁」時にGT200と湖尻から出て虹鱒釣をしました。
いやはや随分とご無沙汰している場所です。

「 夏>芦ノ湖>トップ>思い出」
妄想だけはいっちょまえに早めに布団にもぐりこみました。

「プロローグ]

AM3時。
携帯のアラームからボヘミアンラプソディが爆音で鳴り響く。
おかげでぴったりに起床〜4時半には現地到着です。

P1040931

 

往路は湾岸〜首都高〜東名〜小田厚〜箱根新道。

さすがのお盆、この時間帯でも東名沼津あたりは大渋滞。

小田厚を抜け箱根新道へ入る頃には夜が明け始め東の空が白んでいきます。
浦安出発時の気温は29°でしたが箱根の山を駆け上がっていくにつれ
気温はグングン下がって行きます。

湖畔に到着すると気温は21℃、清涼そのもので気持ちいい!ヽ(´▽`)/

箱根新道の途中にある駐車場で流星群を探すも見当たらず。

(思えば、ここで携帯を落とした気がする_| ̄|○・・・・。)

箱根新道のぼりの途中、100mで1℃さがっていくのかな?24度と涼しくなってきました

P1040932

 

湖畔駐車場には準備中のホエールさんが。 「おはようございます!」
今日のCAPは近鉄バッファローズです。相変わらず読めません(笑)

傍らには、どう見てみても新品であろうと思われるイエローのフェニックス120。
朝の光が反射しラメがパールのように輝いています。恰好良い!

聞くと今日は進水式も兼ねておりました。

自艇持込の手続きを漁協さんで済ませ
初見の百式さん(お客様)とご一緒に。
「宜しくお願いします 、今日1日ご一緒させて頂きます。」

P1040934

わいわいやりながら今日の目標などをくっちゃべり湖面へ。
長くて厳しいドラマティックな1日が始まるともしらず。P1040935

カメラを水中へ突っ込むと澄んでボトムも良く見えます。綺麗ですね。

8:00までは水上系をバンバン投げ倒す計画でキャスト開始!

P1040936

そういえば!最近やっとわかってきたことがあります。(遅い!)
右からスリークオーターで竿を振りかぶる癖があるので
フラッグとロッドホルダーは左舷集中させないと
引っ掛けそうになります。

そういうセッティングにされてる方が多いのかな?
お金も掛けれないからクーラーに3連ホルダーをネジ取付しようと思います。
(あとフネのコーキングも必要だ。)

気持ちいい空気を吸いながら3人で岸づたいを西へ漕ぎ進む。
風は無く水面も穏やか。 光が差し込むエリアでは水深5m位まで見通せるほど。

おのおの沈み岩や桟橋やレイダウン、水中の木を撃っていく。
ちっちゃいのがたくさん居ます。 午前中はコバッチばかり。

一度上がって昼食⇒豪雨⇒昼寝⇒16:00再開
日も暮れていよいよ夕まずめタイム!
よ~し!シャローだあ! ん?
まだバシャバシャ、、、、いってませんね(泣)
まだですか?まだですか?時合いは

ホエールさんに撮って頂きました、有難う!

Jibun
ジャンテックスのスプーンパドルを買ったのでお金が足りずドリフトプロが私の如意棒。
yuichirox13さんもNWのたつのりさんも同じホワイトみたいですね。嬉しいなあ。

岬周辺の2mシャローを3人で攻めます。 日も陰り、風が止み、湖上は鏡のようにベタ凪に変わってゆきます。

アルミメンターもワカサギ軍団も海賊船も湖上から次第に消え静かな湖上。

何かが起きそうな予感(「雲竜剣」より)
外灯がともりだす頃

「ヒット!」
百式さんの竿が本当にぶち曲がっております!
ホエールさんが駆け寄っていきます。

ぶち曲がるとは言いますが
あの曲がり方は もはや曲がるというより「のされ」てます(=´Д`=)ゞ

大物なのでしょうフェニックスが引っ張られております!
ラインは4ポンドとの事でドラグを緩々にしたままテンションキープ!

長いことやりとりの末! でましたBIGONE!
まさにヒュージ!デカバス55です。
Ustream:ちょうど1時間13分50秒あたり

いまをときめく「I字系」でした。

さすがの芦ノ湖バス。寄るけど出るけど、あと少しのところで「喰わない」
天才君と呼ばれる由縁はここにあったのでした。

「答えはこれかあ」と3人で納得。(セイラミノーじゃないよ)。
動いてはいけない、止まってもいけない。
沈まなければいけないが、あることが必要。

百式さん、見事に完全勝利です。
前夜から組立てていたというイメージ通りの釣り。
取った打ち手もばっちりはまってゲーム完成!
バス釣の楽しさはこれですよ。まじで。

価値ある一本、うらやましい!
スピニングタックルのスモールプラグキャストって意外と難しいです。
百式さんは、スナップキャストが綺麗。

サミングも効いてるので着水もやっさいしい!
初めてのKFなのにポジション取りも上手い。
長年のフローター経験で鍛えられた方は違う。

それからホエールさんと私は煽られてテンションMAX。
いい大人がいわゆる「最後の1投」を50回くらい繰り返す。

釣人の意地汚さ100%全開です(◎´∀`)ノ

2人でポッパーを投げる。
活性が上がってきて「出ます」が乗りません。

ホエールさん「乗せます」がギルの森にハマリ4連チャン(笑)

<ここで釣人ホエールさんについて考察>
まずキャストが美しい。
こういうシチュエーションだとショートロッド「アフターバーナー」が活かされてます。
オーバーハングの隙間を狙い、低い弾道で無理なく入れていきます。

キャストコース、着水ポイントも(間違いなく)狙ってます。!!(゚ロ゚屮)屮
なによりルアー操作が丁寧です。

ジャーク&トィイッチのイメージが強かったんですが
まさか、ポッパーまでこんなに丁寧に動かすとは!
(ナメテマシタ)御免なさい。

なんていえば良いのでしょうか
まず引き方が上手いです!
間の作り方もタイミングも絶妙!
スプラッシュとかダイブとかわかりやすい動きじゃなくて
コンパクトで自然なんですよね。

そしてピンスポットを通過した後のルアー回収の速さと手返しのよさ。
それを一定の時間セットで繰り返すわけですから
当然キャスト数も多いわけです。

上手い方といくと本当に勉強になります。
今日は2人から色々学べて本当に来て良かったです。

そんな感じで日も暮れて、もうすぐ納竿タイム。
片付けもありますし。

ここが本当に最後、そして最後の一投げ!と決めワンアクション。

ポフッと岸際でポッパーが消えた。ゆっくりあわせて上手くのりました。

2

杭に突っ込むバスをなんとか反対に向かせて取りました。
よかった、よかった。(でも、釣れてなかったらあと5回は投げたな。。。)

3

「TD-ポッパーZERO」でした。

あ~終わりよければ全てよし、今日も1日やりきった。
終了!

ホエールさん、夏休なのにお邪魔しまして
やさしく対応いただき本当に有難うございました。

百式さん カヤックかって車も買って50UP釣って
「何か持ってる男」として見習います。

カヤックフィッシングは自由だあ!

オニギリ2個、カロリーメイト1箱、アクエリアス1L消費。
帰路は初めてのコースでしたがホエールさんを追いかけて千葉へ

箱根新道>西湘バイパス>新湘南バイパス>首都高横浜線>湾岸線

このルート意外に有りです。地域柄水着ギャルが沢山見れます(笑)





      

|

« バディの準備編 その3 完結編? | トップページ | 第3回舞浜プロジェクト »

漁労活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501322/41211380

この記事へのトラックバック一覧です: ハイランドレイクの釣り 2011/8/13:

« バディの準備編 その3 完結編? | トップページ | 第3回舞浜プロジェクト »