« 天候を読むということ | トップページ | バディの準備編 その3 完結編? »

2011/08/08

房総 海とダム

 

門仲どぼん会は一応カヤックフィッシングを主とするブログを目指しております。
恥ずかしながら今回やっとのことで魚の画が出てきます(笑) ちょっとショボイですが。

今回はsirosixさんに同行させてもらいました。
あの大盛中華屋さんやFUNさんにまで。
快くアテンド承諾いただき改めてお礼申し上げます。

金曜日の平日休みを取り3連休。
睡眠時間も十分に確保し明方にはアクアラインを渡る。

Dsc_1073

台風の影響が心配でしたが到着するとブルーフラッグで一安心。

とはいえ常に波打ち際をチェック怠らないよう気を張って出ます。

Dsc_1074

まずは20mライン。
上州屋で購入した300円の24gのジグをボトムへ。
すぐさまアジが食ってきたがバラス。

2投目。
カーブフォール中にあたりが出ます。ライン判断ですが40M出てからスロージャークを開始。
カサゴのような当たり。掛けた。またばらす。多分ESOですね

針はなまってない。竿も硬くない。腕だな。追い合わせしろ俺。
次にワンピッチジャークをやってみる。

 

 

次にジャカジャカとやってみる。そして生まれて初めて左巻きのベイトリールを使う。
不慣れなため感覚がわからずバックラッシュでリールを潰す。

ちょっと移動します

魚探を積んでいないのでマーカーラインを頼りに10m上げては
落としジャークを繰り返し。

喰った!マサバ。次もマサバ。続く。エソもね。

Dsc_1077

SIROSIXさんの魚探には群れが写っているという。イワシですか?

 

私は鯖でも十分満足。良い型を4本ほど上げたところで一服。

漂うカヤックの上で吸うタバコはおいしいものです。 

Dsc_1080

 

すると!sirosixさんが浜へ上がっていきます。なんだろう?
おなかが小爆したらしい。 それは大変でしたね。

すると途端に小雨が振ってきた。メーアリーフー。

 

空を見上げれば入道雲の後ろ側に黒い雲が入り込んできています。
雷は無いし、風も吹き降ろス様子はないので様子を伺いながら続けます。

 

さていよいよ50mラインです。
30gのブランカを落とすがABUリールのスプール回転の足るさと伴い当然落ちませんね。
潮に持っていかれラインだけが出て行く。

1.2号を巻いた4000番にジャッカルのO2メタル60gへ交換。

なんとかボトムが取れました。ラインは目検討ですが80mは出ています。

 

ショートピッチでシャクル。またサバだ。

今日の釣は終わりです。満足。鯖もそれなりに引きが他楽しめますね。

Vasa_2

 

 

艇の上に上げるとビタビタと鯖らしい高速ビートを打ち鳴らしてくれました。

matiokadesu今日の釣 finished!

ナイススティック2本、カロリーメイト1箱、ノンアルコールビール350ml

 

アクエリアス2Lの半分消費、タバコ2本。

 

シイラ探しに執念をもやすsorosixさん
残り時間もなくなってきた。群れも少なく状況はタフです。ここで名言を吐かれました「不完全燃焼だ畜生!」
一見クールな男が熱さを見せた一瞬。

釣人ですね!

そんな我々の願いが通じたのか、時折水面が騒がしくなります

背びれが3つ並走しながら表層を高速で騒ぎ立てます。

Dsc_1078

 

まさかね?なんて思いながら内心欲まみれの私。遠距離爆撃用のジグミノーをセット。

 

ピンテイル30gを結んでフルパワーでブン投げる、そしてバックラッシ。ガーン。。。

 

やっぱり私はこのレベル。勝負時のコケ癖は直らず。
徳の積み方足rませぬ、試合終了。

12:00を迎え満潮手前。波打ち際はショルダー。

 

波頭の一番低い場所を狙い無事着岸。2人で協力して片付け。

その後巡礼地「住吉飯店」へ連れて行ってもらいまして、あの海老ソバを頂きました。 海老の多さに圧倒されながら歴代のKFの話を聞く。
数えてみると26匹でした。ある意味チャーシューよりヘビーです。

Ebi

腹が満たされ、木更津へ。FUNさんへ初めてお邪魔しました。
店長へ挨拶。体格の良さに驚く。
そしてホエールさんのナイスガイぶりについて暫く談義。
ここでsiorsixさんはご帰宅です。

 

 

店長に話を聞きダムに向かう。山の上だが暑い。水位も低いが無理やり艇を浮かべてみる。

とりあえずバックウオーター。そして全域を観察。竿を持つ元気は既に無く終了。明日があるさ。

 

下道で市原へ。バディのGT200宅に向かう。

 

約束したかのようなタイミングでGT200夫婦が車で帰宅。
さすがバディだ!

バックラッシュした3台のベイトを和室をお借りし黙々とFGノットを巻く。
そういえばリーダーを拝借した。感謝。明日も早い寝よう。

次の日

 

スマホの充電が出来なくなって海快晴を見れない。仕方ないので高速に乗りあの浜を見に行く。
GT200と房総を南下。アウトバック&EXTREMEはアウトフィッターな空気が

 

ムンムンしていて絵になる。カングー&X-13はお世辞にも恰好がいいとは言えない。
車はいずれ換えたい。シトロエンのDS5がいいな。買えないけど。

 

浜辺に立つ。海を見る。沖を見る。空を雲を見る。
一見いけそうだが表層を風がかき回している。丸い雲が出ている

止めよう。

 

 

ダムへ向かい北上
昨日は竿を出さなかったので気合も入る。

桟橋が随分沖目にでている。ボート屋のオヤジと談笑。4m減水とのこと。

淀んだ水を見て少し燃える。ポイントが絞りやすいからだ。

 

シェイド側を中心にベーシックに攻めていく。岩盤、水落ち込み、チビしか居ないなあ。

 

倒木も探るがフナとギルの巣だ。フロータも沢山浮いているがいずれも水が悪い処になぜ浮くのか。

唯一水当たりのよい岬に腹を据え回り込みながらボディウオーターとぶつかる澄んだエリアを叩く。
ここしかなかばい。

 

GT200とお揃いで買ったドリフトプロの黄色いパドルブレードが水中でも良く見える。
テーブル状に広がるブレイクの1段目2段目の段に沿って竿を振る。1mのテーブルで
2本あげる。 さらに奥にあテーブル&シェイド&レイダウンの1級ポイントでGT200があげる。

彼は相変わらずバスにおけるポイントの絞りが早い。

 

 

ゆっくり流してると向こうから50近い固体がふら~っと。すれ違った直後2人で一斉に投げる。
私のほうに食ってきた。GT200「まじ~?」叫ぶ(笑)

50upだ、ラインは4ポンド。ズルズルにドラグを緩め無事キャッチ、インチキボガで抜きあげた。 写真を撮ってもらおうと

ボガを抜き手持ちにしようとした瞬間「ぼちゃん。」さいなら~。

 

 

というわけで最大魚の写真なし。承認および証明はGT200に任せます。

釣果はちっこいの40と45
GT200もこっそりとちっこいのとか40UPとかやってた。満足さ!撤収しよ。

110806_1003491_2

 

おーいお茶500ml、塩飴2個消費、行動食忘れた。気をつけよう。

 

 

12:00
山小屋ラーメンを喰ってGT200と別れる、お疲れ!

アクアラインで渋滞もなく無事帰宅。

 

カヤックバスフィッシングは釣れる。
エレキに比べて魚が逃げない、これは大きいね。

海のカヤックはなんといっても水面近くでのやりとりだね

 

視点が低いのはフローターと同じだけども移動が出来るのは何より。

良い遊びを見つけた。
この道を開拓してきた多くの先輩KFに敬意を持たねばね。
今度から防水ラジオも持参しよう。音楽も欲しいし、地震速報も必要だ。

 

 

魚探は暫くいいかな?

 

底をラインで取る練習とジグの選択をアナログでやってみる。

 

 

 

 

 



 

|

« 天候を読むということ | トップページ | バディの準備編 その3 完結編? »

漁労活動」カテゴリの記事

コメント

カヤックdeバスフィッシング結構新鮮でした。
海がダメだったときの抑えとしてはかなりよいですね。
静かさと視線の低さはならではって感じなんですが、逆にその視線の低さに悩まされた部分も。
やっぱりバスを本気でやりきるならフットコンエレキ装備のボートにタックル5~6セットなのかも。
と、思ったとか思わなかったとか。

投稿: GT200 | 2011/08/09 19:13

確かにフリップや葦撃ちが出来ないね、ラインの当たりに頼るしかないし。
ブレイクに平行に流して横向いて振るわけだから1mくらいの竿でもいいね!
5.1FtのLクラス中古竿を手に入れてリールシートぎりぎりまでグリップを叩き落した
専用竿を作りたいと思うね。遠投は絶対やんないと思うし。バーサタイル金魚竿的な。

投稿: matikadesu | 2011/08/09 19:29

ブログ用に1枚写真を拝借しました。事後了承になりましたが、ありがとうございます。

ジギングロッドが欲しくなってきた。

投稿: sirosix | 2011/08/15 09:20

Sirosixさん

またいきましょう!
カヤック用の竿は安い奴で十分ちゅうことがよくわかりました。
感度がよくてバットが強くて6:4調子くらいが一番使いやすい気がする。
(あくまでも気がするだけですが)

投稿: まちおかdesu | 2011/08/15 09:24

次、28日。私の誕生日の前日。プレゼントは絶賛募集中です(^O^)/

投稿: sirosix | 2011/08/15 19:53

sirosixさん 28日私たちもお邪魔したく。宜しくおねがいします!ところでいくつになるの?17歳?

投稿: matiokadesu | 2011/08/15 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501322/41128027

この記事へのトラックバック一覧です: 房総 海とダム:

« 天候を読むということ | トップページ | バディの準備編 その3 完結編? »