« 2012横浜縦断カヌーフェスティバル | トップページ | 三番瀬 鱸釣行 »

2012/11/01

気になるアレのこと・・・・

お久しぶりです。GT200です。

みんないつもちょっと気になってるアノ「制限外積載許可申請」について地元警察署で話を聞いてきましたよ。
ってことで今回も釣りの話題ではありませ~~~~ん。
■参考:千葉県警管轄にて取得した書類 都度警察に出向くのが面倒なので目的地別に ルート作製を行い1回で取得しています。 有効期限はたったの3ヶ月。 免許証、車検証、出発~経由~目的地ルート(手書き可) あとは窓口で申請書だったかな? ルートごとに上記1SETづつ必要だったと思いますが うろ覚えですので最寄の警察署で確認してみてくださいすみません。 matiokadesuの場合ですと、できるだけ 多くのポイントへいけるように最長目的地の間に候補地が来る場合 はみ出すくらいに、国道や県道を羅列してます。 浦安~館山 経由地 内房各所 浦安~三浦 経由地 横浜~シーパラ~ナハマ~金田 浦安~伊豆 経由地 東海岸~西海岸両方 浦安~酒田 経由地 関越新潟~栃木中禅寺湖~福島裏磐梯 浦安~四国 経由地 国道沢山 *本来、これが正しく効率的な申請方法なのか窓口で聞いたのですが  担当者が理解していなかったので「いいですよ」で通じてますが  オフィシャルルールが解らんのです。。。

Dsc_1302_2

さて、そもそも制限外積載許可は何で必要なんでしょう?

道路交通法による制限外積載許可申請によると・・・

積載物の重量、大きさ、積載の方法については以下のような制限が設けられており、
これを超えることとなるような積載をして車両を運転するには、出発地を管轄する警察署長の許可が必要です。

(1)積載物の重量-自動車検査証に記載されている最大積載重量
(2)積載物の大きさ
   1)長さ……自動車の長さにその長さの1/10の長さを加えたもの
   2) 幅……自動車の幅
   3) 高さ…3.8メートルからその自動車の積載する場所の高さを減じたもの
(3) 積載の方法
   1)自動車の車体の前後から自動車の長さの1/10の長さを超えてはみ出さないこと
   2)自動車の車体の左右からはみ出さないこと
 以下略

となっています。

つまり、積載物の重量、大きさ、積載の方法についての制限が定められているので、
それを超過する場合は許可が必要だってことですね。

さて、ここでカヤックアングラーに関係あるのは主に

積載物の大きさ制限の
 「長さ……自動車の長さにその長さの1/10の長さを加えたもの」
の部分と、

積載の方法の
 「自動車の車体の前後から自動車の長さの1/10の長さを超えてはみ出さないこと」
の部分だと思います。

これを私の艇と車に当てはめてみるとどうなるか?

 自動車の長さ:おおよそ470cm(私のはスバルの先代アウトバック)
 艇の長さ:15フィート(おおよそ457cm)

これが長さの制限に対してどうかというと

 470cm×1.1=517cm>457cm

なのでセーフとなります。

積載方法としてはどうか確認してみると、INNOのキャリアにノンスリップパッドの組み合わせで
前後バランスよく積んだ場合、後ろへのはみ出しはおおよそ50cm弱。

 470cm×0.1=47cm<50cm

なのでギリギリアウトです。

■参考 こんな状態になっちゃうのです。 キャリアのセンターが車長に対しバッチリはまれば緩和できますが こんな特殊なルーフレール位置だと12ftでも無理な場合があり 強引にフロントよりに縛る必要が出てきます。 写真では5m以内のリジッドを積んでま。 過去積んでみたのはX-13、トライデント13⇒駄目 フェニックス120ですらセンター取れず。

Dsc_1310_2

結局ホエールさんに借りた テンプテーションバシフナ号だけが 範囲内で収まるという結果。

Dsc_1158

よく言われることですが、こうしたことを考慮した 車選びも必要のようです。 ということは、積み方の工夫次第で制限内にすることも可能ですが、
このままでは厳密には制限オーバー状態=制限外積載許可申請が必要となります。

★★★ここからは主観を含んだり、聞き取りに基づく正式ではない情報を含みます。ご注意を!!!★★★

で、ぶっちゃけどうなのよ?
というのがまぁ皆さん知りたいところかと思いますが、

ビックリするほどはみ出していなければ、
・きちっとした積載方法で
・既定の赤い目印を掲げて
・安全運転をしていれば
咎められることはまずない。

というのが私が話を聞いた方の”個人的”見解でした。
かなり主観による部分もありますが、大幅に制限を超えていないのならば、
善良且つ良識あるカヤックアングラーであればお咎めを受けることはまずないだろうということになりそうです。
(見た目がちょっとアレな自作系キャリアの方は注意が必要かも・・・・)

が、

が、

が、

この条件を備えていても検挙されてしまうことがあるんだそうです。

それは、

・通報があった場合

だそうです。

これは大変厄介です。
(事故時に保険が適用されないとかどうとか噂あり) 損保に詳しい方に今度聞いてみようっと)
想像してみましょう。

カヤックを積んだ車が何台も駐車してます。
それが早朝や深夜なのにエンジンをかけたままだったり、大声で話したり・・・
なんてことなかったとしても、何か目障り!と思われたり。

そんな時、排除の口実に利用されるリスクになりますよね?
これはとても重要な情報ですよ。

では我々カヤックアングラーはどうすればいいんでしょうか?

まずは正しい法知識を持ち、法律を順守すること。
即ち
・制限外積載許可を得ること
あるいは
・制限を超えないこと

そして排除したいと思われるような悪印象を与えないよう十分周囲に配慮すること。

になるんでしょうね。

カヤックを乗っけた状態で事故ったりした場合のことなんかを考えても、合法状態でいるってことは大事ですよね・・・
ちょっと真剣に考えてみよっと。

あぁでもなんか難しいなぁもぅ。

以上長々と失礼しましたm(_ _)m

釣り行けよどぼん会~~~~~~~

|

« 2012横浜縦断カヌーフェスティバル | トップページ | 三番瀬 鱸釣行 »

その他あれこれ」カテゴリの記事

コメント

バシフナ号の写真が、とても素敵です。
ええ、それだけです。

投稿: unoken | 2012/11/01 19:17

unokenさん

ありがとうございます。
テンプテーションはとても速い船で
正直言うと欲しいんです。

投稿: matiokadesu | 2012/11/02 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501322/47675624

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるアレのこと・・・・:

« 2012横浜縦断カヌーフェスティバル | トップページ | 三番瀬 鱸釣行 »